注文住宅や賃貸マンションなど住宅に関する情報満載

近年の注文住宅事情

階段は外壁側に配置したい

現在では注文住宅を建てる際、平屋にすると言うことはかなり少ないです。注文住宅は分譲住宅より価格が高いので、平屋にすれば価格は抑えられます。しかし、土地を有効に使うなら、2階建てにしなくてはなりません。 2階建ての注文住宅では、必ず階段を設ける必要があります。階段の配置は住まいの動線計画によって変わってきますが、できる限り外壁側に配置したいものです。なぜかと言うと、窓から風や日差しが入るようにしたいからです。それが困難な場合は、階段の上に天窓を設ければ光が取り込めます。 また、シースルー階段にすると、光や風を通す効果があり、空間を広く見せる役割もあります。しかし、階段は安全性を重視することが基本です。

吹き抜けの注文住宅も多い

最近は、吹き抜けの注文住宅が多いです。光を取り込みやすいので、家全体が明るくなりますし、空間に広がりも出ます。このメリットは大きいですが、吹き抜けは暖房が効きづらいと言う問題があるのです。 しかし、最近は床暖房が普及してきており、施工費もかなり安くなってきました。床暖房を導入すれば、吹き抜けでも冬の寒さが気になることはほぼ無いです。最近の住宅は断熱性や気密性が高いので、床暖房の方がエアコンよりも家中を暖めることが可能です。もちろん、吹き抜けの家であっても十分暖められます。 吹き抜けはデメリットが多いと考えられていますが、デメリットをカバーする方法がたくさんあります。ですから、むしろメリットの方が大きいのです。