注文住宅や賃貸マンションなど住宅に関する情報満載

新築は安く購入可能

家を建てる時にする工夫

この国では家に住むならやっぱり新築だよね、と思っている人が多いようです。これは家に限らず他のものを購入する時にもやはり安い中古品よりも新しいものを欲しがる人は多いのです。 ただ、家の場合は、同じ広さの新築住宅と中古住宅では一千万円ぐらい違うこともあるので、馬鹿になりません。 ですが、工夫次第では、新築住宅も安くすることは可能なのです。例えば注文住宅などは、設備については自分で家具屋まで足を運んで、できるだけ安いものを買って来て取り付けをお願いすることも可能になります。キッチンなどはとくに、値段が高いため、自分で安いものを選ぶことで10万円単位で安くすることが可能になるのです。ちょっとした工夫をしてみてください。

現在の取り組みについて

新築住宅を購入する場合、どのような点がトレンドとなっているでしょうか。最近の新築は、デザイン重視の傾向になっています。 新築住宅は工務店やハウスメーカーなどで建てます。ですがこのハウスメーカーや工務店も非常にライバルが多いのです。そのため価格競争に突入するか、差別化をするしかありません。 しかしながら、価格競争では大きな企業の方が有利なため、小さい工務店は価格競争に参加してはいけないのです。 では、差別化をする場合どこを差別化したらいいでしょうか。 それはできるだけ見る人が見たらわかりやすいところがいいはずです。そこで新築のデザインで差別化をするようにします。 例えば屋根に特徴がある家や、外壁の形が変わっている家などがその例になります。